iphoneスマホの故障原因

iPhoneの画面割れはとても多い

iPhoneに限った話ではないのですが、画面割れを経験している人はとても多いです。とあるアンケートでは、約3割の人が「画面割れしたことがある」と回答したとか。確かに、スマホを落としてしまうことはよくありますよね。またズボンの尻ポケットに入れていて、うっかり座って割れてしまった、と言うのもよく耳にします。多くの場合、画面が割れたままでも一応は操作できるようです。しかし、実はそれが危険な行動だって知っていましたか?例えば割れたガラスの破片が刺さったり、見えない内部まで破損していたりすることもあり得ます。割れた部分から水やホコリが入り、それが故障の原因になるケースも。ひどい時にはデータ全消失!なんて事態になるかもしれません。つまりiPhoneの画面割れ放置はリスクがいっぱい。決してそのままにせず、すぐ修理に出しましょう!

充電しながらの使用はバッテリーの消耗大&故障の原因!

インターネットにゲーム、読書や勉強と一台あれば何でもできてしまうiPhone。そのため、気付けば一日中使いっぱなしということもよくあるはずです。特に自宅でiPhoneを使う時の話ですが、「充電する間だって手放せない!」という人も多いのでは?しかし充電しながらの使用はバッテリーの消耗が激しくなるため、できるだけ避けたい行動。ちなみに、これはガラケーの時代からよく注意されていることです。バッテリーが消耗すると、「充電器を接続しているのに充電されない」「バッテリーが膨張して画面ガラスが浮いてくる」といったトラブルが発生します。ガラスが浮くとバッテリー交換だけでは済まなくなってしまうので、iPhoneの使い方には注意したいものです。また何か異変を感じたら、やはり早めに修理を依頼するのがおすすめです。