Androidスマホの修理にかかる費用

機種によって多少価格に幅がある

機種や症状によってAndroidスマホの修理費用は大幅に異なるため、どれくらいの費用となるのか、あらかじめ確認してから修理依頼をしましょう。例として、画面が割れてしまった場合には、最低限税別で4500円から修理を受け付けているところがあります。Androidスマホでも機種によっては更に高くなる可能性もあるため、事前に修理店に相談してください。
また、バッテリーや充電コネクタが異常を起こして充電できなくなってしまった場合は部品交換だけで済むため、税込みで4000円台前半程度で済む場合もありますす。修理する機種によってはあまりにも古くて充電コネクタがない場合もあるため、自分の持っている機種の充電コネクタがある店を探すことが必要となるでしょう。

機種によっては多少高額

水没など重篤な症状の場合には、多少費用が異なります。Androidスマホの機種にもよりますが、最安値で5000円台前半です。基本料金だけで5000円取っているところや、部分水没か完全に水没しているかによっても料金が異なります。修理する前に基本料金と部品代がどれくらいとなるのか、確認してください。 一般的な機種の場合には平均的な価格として1万から3万前後が修理にかかるといわれていますが、これは修理をする機種や場所によって大きく変わるでしょう。特に最新機種の場合には比較的高めとなることが多く、古い機種の場合には比較的安くなりがちです。 また、Androidスマホを修理する前に、購入したキャリアで保証サービスに申し込んでいるか確認すると、割安となるチャンスがあるので、参考にしてください。